最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

HV10

2008/02/21

梅ほころぶ

Img_0389a
HV10で撮影、トリミング

上野公園にほど近い、東叡山両大師境内ではようやく梅がほころび始めました。

今年は梅の開花がかなり遅いようです。
この木の周りにも何本か梅の木がありましたが、ほかは全部まだつぼみで、咲いているのはこの木だけでした。
毎日寒い日が続いていますしね。

Img_0392
HV10で撮影、オリジナルサイズ

今日の写真はキヤノンのハイビジョンムービーHV10で撮影しました。
カードモード(スチルカメラモード)で撮ると、およそ300万画素相当のデジタルカメラとして撮影できます。
同程度の画素数で比較すればデジタルカメラ>HV10>携帯電話でしょう。
レンズやCMOSの大きさが携帯より大きい分、画質に余裕があります。
ただ写真レンズではなくてビデオレンズなので、デジタルカメラに比べるとちょっと甘い描写になるのは仕方がないところ。
その分、シャープネスを強めにかけて帳尻を合わせているみたいです。
上の写真ではシャープネスは最弱に設定していますが、それでもこれだけかかります。

色に関しては空の鮮やかさを出そうとして、カスタム機能で色の濃さを一番濃いところに合わせていたら、赤や青が飽和(諧調がつぶれてしまうこと)してしまいました。
特にもともと飽和しやすい赤で顕著です。

色の濃さは一番薄くしておいて、あとで調整した方がいいようです。

さて、このカメラで撮影していて一番気になるのが絞りの形。
菱形絞りなのでボケが斜めの2線になったり、菱形のゴーストが出たりします。
これがあんまり美しくない。

Img_0389

一番上の写真の一部を切り取ったものですが、ボケが菱形になっているのがわかります。
このため、全体が斜めぶれしたような感じに見えて、画面全体がうるさく感じられてしまうのです。

これはビデオカメラモードでも変わりませんが、ビデオの場合常に画面が動いているのでそんなには気にならないのです。
基本的な画質がいいカメラなだけに、絞りにも少し配慮があれば、縦型でポケットにすっぽり収まる形もあいまってお散歩カメラとして完璧なのになあと思います。

ちなみに、今ちまたで発売されている小型ビデオカメラはほとんどが菱形絞りなので、同じ現象が出てきます。この機種だけの問題ではありませんので誤解なきよう。

2007/10/08

入谷・千束あたり

恐れ入谷の鬼子母神で有名な台東区入谷から千束にかけて、キヤノンのHDVビデオカメラHV10をデジカメ代わりに持って歩いてきました。
キヤノンのハイビジョンムービーカメラは写真もしっかり写ります。

Img_0276

上野と浅草の間に広がる千束、入谷、下谷、根岸というと鬼平犯科帳ファンならば一度は歩いてみたい場所。
こんな狭い路地や袋小路がいたるところに残っていて、とてもフォトジェニックな町。

Img_0275

下谷で海老屋さんというお店を発見。
エビ人生としては記録しておかなければ。たしか染め物屋さんだったかと。


根岸方面へ歩いていくと、千手院の五差路角に渋いおせんべい屋さんを発見。

Img_0277


Img_0279

おせんべいがガラスの瓶に入っていて、かわいらしいたたずまい。
あとになって知ったのですが、この手児奈せんべい店ってかなーり有名なおせんべい屋さんだったんですね。

Img_0281

Img_0282

近くの酒屋にも渋い看板が掲げられています。
うーん、下町だなあ。

根岸から入谷交差点方面に歩いていくと入谷鬼子母神があらわれます。
入谷といいますが実際の地番は下谷1丁目です。

Img_0292

思ったよりこぢんまりとした社殿でしたが、さすがは有名な子宝の神様ということで境内には子どもを授かったお礼の絵馬がたくさん下がっていました。

町を歩くとこんなものも下がっています。

Img_0284

啓発ポスターも下町風(笑
こんな風に見られてたら、ポイ捨てできないよね、怖くて。

さて、ここから18禁地域に突入です(爆

Img_0295

千束3丁目にある吉原神社。

そう、あの吉原です。

境内には江戸時代の遊女数の変遷など、歴史的資料の看板などもありました。
そのなかで一番印象に残ったのがこれ。

Img_0297

切れ長の目、きりりとした眉の男前な狛犬くんw
こちらは「阿」ですが「吽」の方も同じく男前。
口を閉じている分、もっと色男風でした。

吉原神社の前の通り。

Img_0301

この奥が、泡町、であります。
フォトリポートはここまで。
この先はご自身でお確かめください(爆