最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

趣味

2004/08/06

水槽の温度を下げる方法

日本中、毎日暑い日が続いている昨今、エビ水槽の水温管理に悩まされている方も多いかと思います。
しかし、水槽用クーラーは一台何万円とします。
だからといって水温を下げるためだけに不在の時にも一日中部屋のクーラーをかけっぱなしにすると電気代が馬鹿になりません。
もっと安く、同じような効果があげられるものはないのでしょうか?

 あるんです。

続きを読む "水槽の温度を下げる方法" »

2004/07/26

マングローブの花

今日はちょっと珍しい花を紹介します。
マングローブを形成するメヒルギという木の花です。
IMG_1454.JPG

続きを読む "マングローブの花" »

2004/06/01

ヤマトヌマエビ

今日はこのエビのお話です。
yamato_4820.jpg
Canon EOS 10D+Tamron SP AF90mm F/2.8 Jpeg/Large Fine
ヤマトヌマエビCaridina japonica

この個体は鹿児島県内の河川から採集してきた天然物ですが、一般的にはペットショップで水槽の掃除屋として買い求められる方が多いと思います。
河川の渓流部に生息するという解説本もありますが、実際は中流部から上流部まで広い範囲に生息するようです。
分布域は東アジア沿岸部、つまり日本、韓国、台湾から遠くはマダガスカルまで分布します。japonicaという種名がついていますが基本的には熱帯~亜熱帯のエビであるようです。
国内の分布域は日本海側では島根県以南、太平洋側は千葉県以南です。
鹿児島県本土でいうと薩摩半島南岸から西岸にかけてと大隅半島東岸に注ぐ河川では生息が確認されていますが、内湾である錦江湾沿岸河川では確認されていません。
このようにヤマトヌマエビは黒潮の影響を受ける沿岸部に生息しています。
ヤマトヌマエビ(に限らず国内産ヌマエビのほとんど)は両側回遊性といって、抱卵した親エビは河川で卵を孵化させ、孵化した幼生プランクトンは川の流れに乗っていったん海に入ります。
そして海で一ヶ月ほど生活して稚エビになった後、川を遡上してさらに成長し抱卵するという生活サイクルを繰り返します。
ヤマトヌマエビの場合、生息範囲が黒潮の影響域と重なることから、海に出た幼生が黒潮に運ばれることによって東南アジアから徐々に北の方に生息範囲を拡大していったのではないかとも考えられます。

形態上の特徴は、体側にある赤茶色の点々模様と尾扇の青い斑紋です。
このうち体側の模様はオスとメスではパターンが異なっています。
点々になっているのがオス、破線状になっているのがメスです。
また、体形が小さくスリムなのがオス、大きく丸みがあるのがメスです。
オスはせいぜい25ミリにしかなりませんが、以前採集した巨大なメスは50ミリ近くありました。
これは体色も濁った薄緑色になっていて芋虫っぽく、ちょっと違う生き物のようでした。
食性は植物食に偏った雑食性です。ペットショップでは水槽のコケ取りとして販売されていますが、コケよりも水草の若芽が好きだし、ウイローモスなんかをちまちまやってるし、熱帯魚用の配合飼料も良く食べるので実際はコケ取りとしての能力はどうかと思うこともあります。もっとも餌が足りなければコケも取るんでしょうけどね。
でも餌が足りないと水草をボロボロにする可能性が高いでしょうね(^д^)

繁殖は両側回遊性なので簡単ではありません。
孵化したらすぐに(48時間以内といわれています)汽水、そして海水に入れてあげないと死んでしまいます。
いつ孵化するかに気をつけておかないといけないので、その点が難しい。
あと幼生期の餌の確保もしないといけないので手間はかかりますが、実際に成功されている方もいらっしゃるので挑戦する価値はあると思います。
自然の繁殖期は2月から9月ですが、飼育環境下では年中繁殖可能なようです。

からだが大きく足も太いので歩行能力、登攀能力が高いので脱走には注意してください。
水中モーターやサーモスタットのケーブル類を伝って外に逃げ出したり、外部フィルターの吐出口を遡ったりすることもあるようです。
ケーブルには返しを設置、吐出口はスポンジやネットをかぶせるなどして防いでください。

2004/05/30

ダービー

いよいよ日本ダービー出走まであと一時間弱となりました。
普段それほど競馬に執着していない私でも、なんとなくダービーとなると気になるものです。
今回は馬券も買ってみました。
今年のテーマは根拠なく「マンボ」。
12番キングカメハメハ、13番スズカマンボの馬連買いです。
キングカメハメハがなんでマンボやねん?という方もいらっしゃるかと思いますが
実はキングカメハメハのお父さんがキングマンボという馬なのであります。
今日の東京競馬場は良馬場でさらに内側の芝は短かく軽めということで、先行馬有利という予想もありますが
有力馬が三頭もいる今回の競馬は、牽制しあって直線勝負になり、
長い直線を有効に使える末脚の鋭い馬が意外と抜け出すのではないかとも考えられます。
キングカメハメハの強さは当然として、血統的に近く追い込み形のスズカマンボにも
十分勝機はあると考えます。
なによりこの組み合わせは倍率が高い(笑)勝負する楽しみも十分すぎるほどあります。

さて、そろそろテレビをつけますかな。

2004/05/15

ヤドカリ写真

沖永良部で撮ってきたオカヤドカリと砂浜の写真を新たにアップしました。
とってもかわいいですよぉ。
エビ人生写真館の方もそろそろ新しい写真をアップしないとね。

2004/05/07

遅まきながら

僕がエビにはまったきっかけをお話しましょう。
それは今を去ること5年前のことでありました。
当時わが家では、タイリクバラタナゴという魚を飼っていました。
タイリクバラタナゴはもともと中国大陸にいた魚ですが、1940年代に中国から食用として草魚などが移入されたのに混じって国内に持ち込まれたものと考えられています。
ところがもともと日本にいたニッポンバラタナゴと遺伝的に非常に近い種であったため交雑が進み、今では純粋なニッポンバラタナゴはほとんどいなくなってしまいました。
わずかに残った純系維持のために、現在さまざまな人や団体が腐心しています。
タイリクバラタナゴに限らず、外国からあるいは国内であっても他地域から魚を持ち込むことには十分に配慮をしなければならないことなのです。
できるだけ持ち込まない、持ち込ませないことが大事だと思います。

さて、すこし脱線しました。
中層を泳ぐタイリクバラタナゴだけでは少し寂しいとの家族の希望で、同じ水槽で表層魚のメダカと底棲魚のハゼ類も飼おうということになり、ある日近くの小川に出かけました。
そこで網を振ったところ大量のミナミヌマエビが捕れたのです。
熱帯魚屋で買うと1匹200円もするエビがこんなにも簡単に捕れるものかとびっくりしました。
しかし特にエビには気をとめることもなく単に水槽の掃除屋として放りっぱなしでした(笑)

あるとき大きな転機が訪れます。
いつもの様に網を振っていたらその中にスジエビが入っていました。
スジエビの登場で水槽の勢力地図は一変しました。
スジエビは遊泳脚を動かして優雅に泳ぐ姿、はさみのついた前脚を器用に動かしてエサをついばむ愛らしさ、そして時には同居しているゴクラクハゼに襲いかかり極楽に送ってしまうどう猛さで一躍水槽の主役に躍り出たのです。

その後、水槽の勢力地図はさまざまに塗り替えられつつ現在に至っています。
現在、僕の水槽にはミナミヌマエビトゲナシヌマエビミゾレヌマエビヤマトヌマエビの4種のヌマエビとメダカが混泳しています。
特にトラブルもなくみんな平和に暮らしています。

僕のwebでエビ飼育の魅力の一端でも感じていただければ幸いです。