最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

ペット

2004/09/15

トゲナシヌマエビ

今回はトゲナシヌマエビを紹介します。

togenashi03.jpg
Canon EOS 10D+Tamron SP AF90mm F/2.8

この個体は雌です。

続きを読む "トゲナシヌマエビ" »

2004/08/06

水槽の温度を下げる方法

日本中、毎日暑い日が続いている昨今、エビ水槽の水温管理に悩まされている方も多いかと思います。
しかし、水槽用クーラーは一台何万円とします。
だからといって水温を下げるためだけに不在の時にも一日中部屋のクーラーをかけっぱなしにすると電気代が馬鹿になりません。
もっと安く、同じような効果があげられるものはないのでしょうか?

 あるんです。

続きを読む "水槽の温度を下げる方法" »

2004/06/30

なんじゃこりゃああ

不思議なエビの写真、このエビはいったい???

nazoebi01.jpg
Canon EOS 10D+Tamron SP AF90mm F/2.8

ヤマトヌマエビのオスだと思うでしょう。
僕も最初はそうだと思いました。

nazoebi03a.jpg
Canon EOS 10D+Tamron SP AF90mm F/2.8

たしかに体の模様はヤマトヌマエビ、でもよく見るとヤマトにしては異常に額角が短いのです。
ほら。

nazoebi03b.jpg

こんなに額角が短くてつるりとしたヤマトはいないはず。
むしろ額角だけ見るとトゲナシヌマエビなのです。
このエビは鹿児島県内河川で採集してきた天然物なのですが、
もしかして新種???????
それとも交雑種???
う〜〜〜〜ん、謎だぁ。

2004/05/30

ダービー

いよいよ日本ダービー出走まであと一時間弱となりました。
普段それほど競馬に執着していない私でも、なんとなくダービーとなると気になるものです。
今回は馬券も買ってみました。
今年のテーマは根拠なく「マンボ」。
12番キングカメハメハ、13番スズカマンボの馬連買いです。
キングカメハメハがなんでマンボやねん?という方もいらっしゃるかと思いますが
実はキングカメハメハのお父さんがキングマンボという馬なのであります。
今日の東京競馬場は良馬場でさらに内側の芝は短かく軽めということで、先行馬有利という予想もありますが
有力馬が三頭もいる今回の競馬は、牽制しあって直線勝負になり、
長い直線を有効に使える末脚の鋭い馬が意外と抜け出すのではないかとも考えられます。
キングカメハメハの強さは当然として、血統的に近く追い込み形のスズカマンボにも
十分勝機はあると考えます。
なによりこの組み合わせは倍率が高い(笑)勝負する楽しみも十分すぎるほどあります。

さて、そろそろテレビをつけますかな。

2004/05/15

ヤドカリ写真

沖永良部で撮ってきたオカヤドカリと砂浜の写真を新たにアップしました。
とってもかわいいですよぉ。
エビ人生写真館の方もそろそろ新しい写真をアップしないとね。

オカヤドカリ

7242.jpg
沖永良部で出会ったかわいいヤツを紹介します。
空港に近い笠石公園のビーチで昼飯を食べていると、直径1センチほどの貝殻を背負ったヤツが足元をちょろちょろ。
なんだ?と思ってのぞき込むと「ぴたっ」と動きをとめてこっちの出方をうかがいます。
海から上がって間もないオカヤドカリの子どもです。
良く見るとあっちこっちでちょろちょろしています。

ちょっと大きめのを持ち上げて記念撮影。
画面下に見えている肌色の部分は僕の親指です。
どのぐらい小さいかおわかりでしょう。

鹿児島に戻ってからいろいろ調べてみたら、どうやらムラサキオカヤドカリのようですが、いかんせんヤドカリ素人なのでよくわかりません。
どなたかお分かりでしたらお教えいただけると幸いです。

撮影データ
撮影日:2004年5月12日13:04
カメラ:キヤノンEOS10D
レンズ:タムロン90ミリf2.8マクロ
ISO:100
シャッター速度:1/350
絞り:5.6
撮影モード:JPEG Large(3072*2048)
Photoshop Elements 2.0にてアンシャープ処理&リサイズ

2004/05/04

ミナミヌマエビ

008.jpg

日本産のヌマエビ類で唯一の陸封型です。これ以外の日本産ヌマエビはすべて幼生期に一度降海しないと大きくなれません。 つまりミナミヌマエビは淡水水槽のみでライフサイクルを重ねることができる唯一の日本産ヌマエビだということです。 釣具店で釣りエサとして売っているところもあるようですが、うちのはすべて近くの川で捕まえてきました。現在20匹程が穏やかに暮らしています。 以前住んでいた長崎の家はベランダが広く、かつ日よけを設置することができたので、大型の布団ケースに水をいっぱいはって砂と水草を入れただけの「繁殖ケース」だけでよく育ったものですが、今住んでいる鹿児島は南国で日差しが強過ぎるため、ベランダ水槽は煮えたぎるという理由で封印中です。 ある程度の規模の水槽であれば、ほったらかしにして何もしないのが一番繁殖に適しているようです。 おためしください。

さて、このミナミヌマエビ、穏やかな性格でのっそりとしているうえ、あまり体が大きくならないので肉食魚の格好の餌となってしまいます。
チチブやゴクラクハゼなどハゼ科の魚がいる水槽にコケ掃除のために入れると、すぐに追いかけられ水面から飛び出し、水槽の壁に張り付いてしまいます。
nigeebi1.jpgあわれ、飛び出したエビちゃん

10匹ぐらい入れても翌朝には1匹もいなくなります(泣)混泳にはあまり向かないエビのようです。
成体であればかろうじてメダカとは同居できるようですが、稚エビは食べられることがあるので繁殖水槽では注意が必要ですね。
自然界では水草がたくさん生えている田んぼの用水路などによくいます。
ただし、陸封型で移動能力も小さいので生息範囲は限られており、乱獲するとすぐいなくなるので注意が必要でしょう。
鹿児島はほぼ南限で本土に点在する程度であまり見られません。
鹿児島的にはけっこう貴重な種であります。

ミナミヌマエビの一番の魅力はエサを食べる仕草ですね。
小さな手で砂の表面をちくちくとつつきながら表面のコケを口に運ぶ姿はとてもほほ笑ましく、いつまで見ていても飽きません。

エビという生き物

エビ :節足動物甲殻類に属する長尾類の総称。多くは全海域の浅海から深海に広く分布するがヌマエビ、テナガエビ、ザリガニの類だけは淡水域にもすみ、あわせて約2400種にも及ぶといわれている。
エビ類は古生代のデボン紀(約3億〜4億年前)に出現し、恐竜が栄えた中生代白亜紀には現在まで生きのこっているエビ類のほとんどが発生したことが化石によって知られています。 エビはクルマエビなどの遊泳亜目(蝦・Shrimp)とイセエビやザリガニなどの歩行亜目(海老・Lobster,Crawfish)とに分類されてきましたが、1980年に鰓の形態などによって見直され、クルマエビ類チヒロエビ類などの根鰓亜目(こんさいあもく)とコエビ類イセエビ類などの抱卵亜目(ほうらんあもく)とに分類しなおされました。(参考:淡水産のエビとカニ、鈴木廣志、佐藤正典) 水生の節足動物で甲殻類の仲間としては、カニ、ヤドカリなどがあり、意外なことに一見貝のように見えるフジツボも実はこの仲間です。いや〜、人は見かけで判断しちゃいけませんね。 エビの体はおおまかに見ると頭胸と腹の2部に別れていて、上から見ると左右対称になっています。 ebidraw.GIF

脚は5本で頭胸部から生えています。また体表はかたいキチン質の殻(外骨格)で覆われているため、成長するには何度も脱皮を繰り返します。脱ぎ捨てられた殻をよく見ると、細い腕の一本一本まできれいに脱ぎ捨てられていて、自然の造形の見事さには本当に感嘆します。
エビの泳ぎ方は一般的に体を折り曲げてピョンピョンと後ろ向きに進むと思われているようですが、これは驚いたときなど非常時の行動です。通常いい気分でいるときは腹の下についている腹肢を上手に動かして、前向きにススススス〜っと優雅に泳ぎます。このうごきに僕は一発でやられました。

このサイトでは抱卵亜目の淡水エビの中で主にスジエビ、ヌマエビ、テナガエビを取り上げています。