最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

カメラインプレ

2009/07/12

リコーR8・ホワイトバランスの話

渋い大人のガジェット的な外観に惹かれ、持ち歩き用のカメラとして去年の春に購入したリコーR8。

R8imgp0233

見た目には大満足なのですが、画質面にはちょっと。。。
いろいろと癖のあるカメラなのです。
昨日もひとつ気づいたことがあったので調べてみることにしました。

僕は最近外食すると何を食べたか写真に撮るようにしています。
この日は照明の色温度が2800Kぐらいの居酒屋に行きました。

さすがに2800Kともなるとオートホワイトバランスでは赤みが残ってしまうので、マニュアルでホワイトバランスをとり、固定バランスで撮影してみたのですが面白いことがわかりました。
この2枚の写真をごらんください。

R0015497200_3 R0015498400_2

左側がISO200、右側はISO400で撮ったもの。もちろんホワイトバランスは固定なので同じ設定のはずです。
ずいぶん違うでしょう?
ISO200は補正し過ぎなぐらい補正されてあっさりした色味なのに対し、ISO400は全体に黄色が乗り、シャドウ部の色が強調されているところを見ると彩度も上がっているようです。
同じホワイトバランスで撮っているのに、感度を一段変えただけでこんなに色が変わるのか!と不思議に思ったのと、手持ち撮影で若干構図も違うため色の出方が違ってくるのかもしれないとも思ったので、自宅でテスト撮影してみました。

今度は自然光、カメラは三脚に固定して感度を変えて撮影しています。
ホワイトバランスはもちろんマニュアル固定。
左上から準にISO64,100,200,2段目は左から400,800,1600です。
画像はリサイズしてPhotoshopElementsのJPEG最高画質で保存した以外は一切手を加えていません。

R0015530m64 R0015531m100 R0015532m200

R0015533m400 R0015534m800 R0015535m1600
こうして並べるとISO400から急に色が変化しているのがわかります。
特にシャドウ部に注目してもらえるとだんだんシャドウにグリーンが乗ってくるのがわかると思います。
R8の場合、ISO800と1600はおまけみたいなもので、常用画質はISO400までと割り切っていたのですが、その400でこれだけ色が転んでしまうと、本当の常用画質はISO200までというこということになりそうです。
面白いのはISO64とISO200はほぼ同じ色ですが、ISO100は若干マゼンタよりの色調になっていることです。それを考えるとこのカメラ、ISO200を常用感度として計算しているのかもしれません。

次に同じ条件でオートホワイトバランスだとどうなるのかを調べてみました。
感度はやはり上段左から64,100,200、下段左から400,800,1600です。

R0015536a64 R0015537a100 R0015538a200

R0015539a400 R0015540a800 R0015542a1600

こちらはまた面白い結果になりました。
今度はISO64から400までほぼ同じ色になっています。
そして突然1600でシャドウのグリーンが強く出てきています。
R8は何度かファームウエアのアップデートが行われているのですが、昨年7月のアップデートでホワイトバランス精度の向上というのがあったので、このあたりのチューニングが行われたのではないかと思われます。

ちなみにISO200時のマニュアルとオートを並べてみるとこんな感じ。

R0015532m200_2 R0015538a200_2

左がマニュアル、右がオート。
マニュアルの方が若干マゼンタかぶりしているような・・・。
好みの問題はあると思いますが、僕はオートの方が好ましい色調に感じます。

以上の結果を踏まえると、基本的にはオートホワイト&ISO200で撮影すれば普通に写真が撮れるし、そのときどきの狙いに応じてホワイトバランスや感度をいじると思いもかけない結果が得られるかもしれないミラクルなカメラ、それがリコーR8ということになりそうです。

2008/02/21

梅ほころぶ

Img_0389a
HV10で撮影、トリミング

上野公園にほど近い、東叡山両大師境内ではようやく梅がほころび始めました。

今年は梅の開花がかなり遅いようです。
この木の周りにも何本か梅の木がありましたが、ほかは全部まだつぼみで、咲いているのはこの木だけでした。
毎日寒い日が続いていますしね。

Img_0392
HV10で撮影、オリジナルサイズ

今日の写真はキヤノンのハイビジョンムービーHV10で撮影しました。
カードモード(スチルカメラモード)で撮ると、およそ300万画素相当のデジタルカメラとして撮影できます。
同程度の画素数で比較すればデジタルカメラ>HV10>携帯電話でしょう。
レンズやCMOSの大きさが携帯より大きい分、画質に余裕があります。
ただ写真レンズではなくてビデオレンズなので、デジタルカメラに比べるとちょっと甘い描写になるのは仕方がないところ。
その分、シャープネスを強めにかけて帳尻を合わせているみたいです。
上の写真ではシャープネスは最弱に設定していますが、それでもこれだけかかります。

色に関しては空の鮮やかさを出そうとして、カスタム機能で色の濃さを一番濃いところに合わせていたら、赤や青が飽和(諧調がつぶれてしまうこと)してしまいました。
特にもともと飽和しやすい赤で顕著です。

色の濃さは一番薄くしておいて、あとで調整した方がいいようです。

さて、このカメラで撮影していて一番気になるのが絞りの形。
菱形絞りなのでボケが斜めの2線になったり、菱形のゴーストが出たりします。
これがあんまり美しくない。

Img_0389

一番上の写真の一部を切り取ったものですが、ボケが菱形になっているのがわかります。
このため、全体が斜めぶれしたような感じに見えて、画面全体がうるさく感じられてしまうのです。

これはビデオカメラモードでも変わりませんが、ビデオの場合常に画面が動いているのでそんなには気にならないのです。
基本的な画質がいいカメラなだけに、絞りにも少し配慮があれば、縦型でポケットにすっぽり収まる形もあいまってお散歩カメラとして完璧なのになあと思います。

ちなみに、今ちまたで発売されている小型ビデオカメラはほとんどが菱形絞りなので、同じ現象が出てきます。この機種だけの問題ではありませんので誤解なきよう。

2006/12/26

ぶれないって、すばらしい。

Imgp0116

PENTAX K10D+SIGMA DC18-125mm 3.5-5.6
(38.0mm,f=4.5,1/8sec,ISO400,左右トリミング)

昨日までクリスマスイルミネーションが飾られていた天文館・なや通り。
たった一日でお正月の飾りに模様替えしていました。
仕事早いな〜。

さて、K10Dで撮ったこの写真で注目していただきたいところは、歩いている人物が流れて写っているのに、背景はビシッと止まっているところです。
シャッタースピードは1/8秒、もちろん手持ちです。
焦点距離表示が38ミリなので実際は38×1.5=57ミリ。
約60ミリとすれば、いわゆる手ぶれ限界は1/60秒ということになりますから、それを1/8秒で手持ち撮影できるっていうのはなんとありがたい事でしょう。
まさにK10Dさまさまです!。

2006/12/24

買ってしまった

Imgp0015

11月30日に発売されたペンタックスの新型デジイチK10D。
10月半ばに予約して2ヶ月、ようやく手にいれました。

手にしたのが午後だったので、充電してたらもう夕方でした。
室内でのテスト撮影ぐらいしかできなかったのですが、良くできてます、このカメラ。

さすが売れてるだけのことはあります。

詳報はまた後日。

2006/08/03

SO902iWP+で水中撮影

Img_3150

FOMA初めての防水携帯SO902iWP+、IPX7準拠の防水性能で水深1メートルの真水中に30分間放置しても本体内部には浸水しないようになっています。

説明書には「水中でFOMA端末を使用しないでください」とだけ書いてあり、水中撮影できるかについては可とも不可とも書いてありません。(使用するな、ということは水中撮影するなってことですけどね)
いろんなインプレ記事でも水中での撮影についてはなにも書いていないようなのでチャレンジ!

続きを読む "SO902iWP+で水中撮影" »

2006/06/17

レンズを調整に出した

Img_6305


EOS30D+EF70-200f2.8L IS(195mm,f=5.6)

キヤノン純正のレンズの中で、高品質レンズと位置づけられているLレンズ。
17-40mmf4と70-200mmf2.8 ISの2本を持っています。
しかしこの2本、最初からピントの甘さが気になっていました。
17-40は後ピン、70-200は前ピンでした。特に70-200は運良くジャスピンになったとしてもややにじみが見られる状態。
高級レンズなのに・・・なぜ?
そこで先月思い切って調整に出してみました。
3週間かかりましたが、出して良かった〜。

続きを読む "レンズを調整に出した" »