最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

エビ関連記事

2006/08/05

チョウ(ウオジラミ)

Img_6854top

エイリアン襲来か!?
うわー、なんじゃこりゃー!!

続きを読む "チョウ(ウオジラミ)" »

2006/07/16

金見崎(徳之島)

Imgp1853

ずいぶん久しぶりに徳之島に行ってきました。
3年ぶり、いや4年ぶりかなあ。

写真はオカヤドカリの集団産卵で有名な金見崎(徳之島町)の風景です。

続きを読む "金見崎(徳之島)" »

2006/01/31

エビ炒飯

IMG_3086a

今日の昼食、エビ炒飯。
おおぶりな中華スープ付き1,150円也。

続きを読む "エビ炒飯" »

2005/10/03

エビ!マヨ!チキン!

IMGP5033

ウイズンの新作お弁当、その名もエビマヨチキン!430円。
エビマヨとチキン南蛮(みたいなもの)とマヨネーズご飯とを同時に楽しめちゃうというデブヤ垂涎のスペシャルコンボ弁当です。

続きを読む "エビ!マヨ!チキン!" »

2005/09/03

フォー!

今日の昼ご飯はアジア麺。
海老と水菜のフォー!でぇース。

IMGP4277
今日はちょっと秋の買い物にアミュプラザへ。
珍しく、中で食事することに。
行ったのはアミュプラザ6階のフートンカフェ。
「アジアの台所」をうたっているお店で、アジア系ご飯のラインナップいろいろ。
海老と水菜に惹かれて、あまり食べたことがないフォーを食すことにしました。
正直言ってあんまり期待はしていなかったのですが、良い意味で期待を裏切ってくれて、たいへん美味でした。
つるつるとのど越しのよい麺に日本人好みの味付けのスープがマッチして、さっぱりしたランチタイムとなりました。
セットでついてきたベトナム風ちまきもいい味で、満足の一品です。
ちなみにお値段は上のセットで1,100円也。

2005/08/27

ニホンスナモグリ

nihon_sunamoguri
CANON EOS 10D + EF 70-200 f/2.8 IS USMで撮影

7月18日に吹上浜で撮影したニホンスナモグリというエビ・カニの仲間です。
干潮時の砂質干潟に何匹も姿を現していました。
特に自動車の轍の跡付近でたくさん見かけたのですが、圧力を感じて出てきたんでしょうか?
姿はアナジャコに似ていますが、こちらは第一胸脚の片方に大きなはさみを持っています。
撮影個体の体長はおよそ45ミリ、体は半透明で内蔵が透けて見えています。

南方新社刊「川の生きもの図鑑」によると、第4、第5脚を使って鰓の掃除をするそうです。ちなみにエビの鰓は頭胸部の殻の左右内側にあります。
そして寿命は数年と考えられるそうです。

体が小さいので食用には向きませんが、釣りエサとして利用されることがあるそうです。

2005/08/24

オカヤドカリ(奄美)

奄美大島の出張から帰ってきました。
今回の仕事は奄美大島のオカヤドカリの撮影でした。
産卵を撮るために大潮に合わせて行ったのですが、もう時期が終わってしまっていたのか予想外に産卵個体の数が少なく、思ったような絵は撮れませんでした。
しかし撮影最終日、思いもかけないものが僕の目の前に現れました。
これです。

IMG_3390

CMやドラマの世界の中だけのことだと思っていた
「プラスチックキャップを背負ったオカヤドカリ」
が本当にいたのです。
本当に驚きました。
同時に、島の海岸に漂着するさまざまなゴミの問題についても改めて考えさせられました。
今回の取材分は、今週木曜日夕方のニュースでカメラマンリポートとして放送する予定です。
どうぞごらんください。

2005/07/09

ミナミヌマエビ

IMG_3076
CANON EOS 10D + TAMRON SP 90mm f/2.8 MACRO

久しぶりにわが家の水槽の住人ミナミヌマエビを紹介します。
30センチ級の水槽環境が非常に安定しているらしく、
何もしていないのにバンバン増えています。

2005/04/25

ミナミスナガニ?

NEC_0285

前述の吹上浜で撮影したカニです。 多分ミナミスナガニだと思いますが、スナガニかもしれません。 いかんせん携帯電話のカメラでは解像力が足りなくて、帰ってからの確認もままなりませんな(笑
マクロモードにしてかなーり近づいています。たぶん5センチぐらいまで。
流木などに隠れているときには携帯を近づけるとシャカシャカ逃げていたのですが、砂のくぼみに落ち着いてからはカモフラージュが完ぺきだと勘違いしたのか、死んだふりなのか、じーっとしてようやくカメラにおさめることができたのがこの一枚です。

2005/02/28

不機嫌なジーン

今日の不機嫌なジーンミナミヌマエビが出てきましたー。
ミナミヌマエビもメジャー動物の仲間入りですねー。
もたいまさこさんが「みなみぬまえびぃー」と叫んだときにはぶっ飛びました(笑)
こんどはもちょっとマニアックなトゲナシヌマエビとかでてこないかなー。