最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 東京、昼と夜 | トップページ | 成田空港 »

2008/11/23

60点

今月19日から21日まで幕張メッセで開かれていた、国際放送機器展(インター・ビー)2008。放送にかかわる様々な機器やコンテンツが一堂に会する展示会なのですが、そのなかでKDDI研究所が展示していたのがこれ。

1

プロアマ判別。

ビデオカメラで撮影したカットの揺れやズームのやり方などを判断基準として、プロなのかアマチュアなのかを判定するという、恐ろしい技術(笑)

挑戦してみました。プロとしてのプライドを懸けて。

結果は。



Img_1930

惨敗。
60点、合格点ギリギリ。

出展担当さんに「何人かプロの方が挑戦しましたが、意外に点が伸びない。むしろアマチュアの人の方が高得点なんですよ。大丈夫」と慰められる始末(笑)

まあ、でもこれには理由がありまして、
実は判断は複数のカットを総合して行うのではなくワンカット勝負で、おまけにカットの前半部分で判断してしまうらしいのです。

僕らの習性として、まずちょっと離れた位置からロング、そこからズームしてアップに寄ってパーン。立ち位置を変えて(被写体に近づいて)ワイドでパーン、最後にもう一度広いカット(上の写真のカット)というふうにあとで編集しやすいように撮っちゃう傾向があるんですね。

そのとおりにやったらどんな判断がでるんだろうと思って、敢えてやってみたというわけです。すると結局いちばん素人っぽい部分、つまりロングからアップに寄ってパーンのあたりまでで判断されてしまったわけです。

たぶん、高得点を狙うならワイドに構えてフィックスワンカット。
カメラは無駄に動かしちゃいけない。
撮影の基本を再確認したプロアマ判別体験でした。

« 東京、昼と夜 | トップページ | 成田空港 »

イベント・コンベンション」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

面白いですね。
これ、編集の測定とかないんですかね?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/43195456

この記事へのトラックバック一覧です: 60点:

« 東京、昼と夜 | トップページ | 成田空港 »