最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 訃報・赤塚不二夫先生死去 | トップページ | 夏休み »

2008/08/03

花火

Imgp9210

夏本番。
週末ともなると各地で花火大会が開かれていますが、我が家でも花火大会。

線香花火の光跡って、こうして見るととってもきれいですね〜。

« 訃報・赤塚不二夫先生死去 | トップページ | 夏休み »

K10D」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

コメント

>Tulipさん

線香花火をじっと見つめていると、忘我の境地に行き着きそうな気がします・・・が、いつもその前に花火が終わっちゃうので、結局僕は俗物なままですw


>山田渉さん

写真使用の連絡ありがとうございます。
しかし山田様のメアドがわからないので連絡のとりようが・・・(笑)
僕のプロフィールページに記載してあるメアドからご連絡くださいませ。

打上花火も良いですが、自分でやれる手持ち花火も、とっても好きです。
線香花火は、過ぎゆく夏を惜しむ感じもあるし、儚い雰囲気も好きです。
静かに自分と向き合える時間が、短時間だけど、きっと出来ますよnote
海峰さんも、今度やってみます?confident

初めまして、山田渉と申します。
突然の書き込みで大変恐縮ですが以前、ブログに載せてらっしゃったニジマスの塩焼きの写真を使わせて頂きたいたいと思いご連絡をとらせて頂きました。
写真の使用用途についてお話ししたいので一度メールでご連絡頂けないでしょうか?
まことに勝手なお願いですがどうか宜しくお願いします。

ごろごろさん、詩人ですね〜。
前回のコメントにタナゴの婚姻色のことを書いてらっしゃいましたが、自然系の方なのでしょうか。

これからもどうぞよろしくお願いします!

すばらしく綺麗ですね!
それに、ポエムです。

私は、金魚を眺める時、白い器の中で真上から眺めるのが一番美しく見えるのと同じように、
線香花火は、眼下斜め下に見るのが一番美しく見えると思っていたのですが…

少し視点を変えるだけで視覚世界が大きく変わるのは、驚きですね。

小さな発見、大きな喜び、でしょうか。


この写真、私には、風に気持ち良さそうに揺れる、小さな光のコスモスに見えました。


実は、この後に続く、恥ずかしそうな、いじらしい光のふるまいも、私はとても好きですw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/42044542

この記事へのトラックバック一覧です: 花火:

« 訃報・赤塚不二夫先生死去 | トップページ | 夏休み »