最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 雷門 | トップページ | コカコーラリモコンカー »

2008/01/09

フォーカス調整

Img_3391

購入以来約1年間、ピントが甘いと感じ続け、ストレスとなっていたK10D。
正月休み最終日の今週月曜日、思い切って調整に出してみました。

持ち込んだのは新宿駅から都庁方面に少し歩いたところにあるペンタックスフォーラム。
いわゆるサービスセンターです。
ここには修理受付のほか、製品ショールームやアウトレット品の販売コーナーなどもあり、ペンタユーザーの聖地のようなところです。

ピントが甘いのはボディに問題があるのだろうとは思っていたのですが、レンズの可能性も捨てきれないので手持ちのレンズも全部持ち込んでみました。
平日だったので修理のお客さんもほとんどいなくて、受付はすぐに済みました。

現在K10Dのファームウエアの最新バージョンは1.30なのですが、僕のK10Dは思うところあってバージョン1.10のまま。
受付の時にアップデートするかと聞かれたのですが、特に必要性を感じなかったので「そのままで」とお願いし、調整ポイントとしてやや後ピン傾向であることを画像を見せながら説明。
調整は数日かかるのかと思いきや、ボディ側の問題であればカウンター奥のラボですぐできるようで、およそ2時間後にできあがるとのこと。
(レンズの不具合の場合には預かり修理になるので日数がかかるようです)

2時間後、受取る時に「レンズはどれも問題なく、ボディ側が後ピンになっている。しかしバージョン1.10のままではピント調整するのに技術料が1万9千円かかるのでまだ調整していない。バージョンアップすれば保証修理でタダです」といわれ、金額のあまりの違いにバージョンアップ即決(笑

それからおよそ30分後にバージョン1.30になったK10Dが帰ってきました。

気になるピントは・・・
もうバッチリ!
単純にピントがきているというより、全体が引き締まった感じ。
いわゆるバックフォーカスがきっちりきまった状態になったのでしょう。
こんなに違うのかと思うほどの違いようで、いままで一年間のストレスはいったいなんだったのかと。。。

ピントや絵のキレにお悩みのK10Dユーザーさんは、一度調整に出してみることを強くおすすめします。

« 雷門 | トップページ | コカコーラリモコンカー »

K10D」カテゴリの記事

コメント

専門店でもOK、だけど3週間ぐらいかかるかも。
福岡だったら博多駅前にニコンのサービスセンターがあるからそこに持ち込んだほうが早いと思うぜ?

調整か~。
自分も出そうかなぁ。
これって、メーカーに出さないといけないんですかね。カメラ専門店でもいいんですかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フォーカス調整:

« 雷門 | トップページ | コカコーラリモコンカー »