最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« こいのぼり | トップページ | 巣立ちのひな »

2007/05/01

車輪梅

Imgp3147
PENTAX K10D+DA18-55mm f3.5-5.6

バラ科の常緑低木シャリンバイ。
暖地の海岸沿いに自生し、奄美大島などではごく普通に目にする花木です。
奄美ではテーチギと呼ばれ本場大島紬の糸を染める染料として利用されます。
シャリンバイの幹や根の抽出液で染めた糸を泥にくぐらせ、それを何度も繰り返すことで抽出液のタンニンと泥の中の鉄分が結びついて、深みのある渋い黒に染め上がります。
鹿児島市内でも歩道の植え込みなどによく使われています。

清楚な白い花をつけますが、中にはピンク色のものも。園芸品種でしょうか。

Imgp3145

車輪梅と言う名は、梅に似た花をつけ、葉枝のつき方が正面から見ると円を描くようで車輪のように見えるところから。

ちなみに撮影場所は鹿児島本港新町の緑地公園。
バックに見えるのは海王丸です。
撮影日は4月19日。

« こいのぼり | トップページ | 巣立ちのひな »

K10D」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

コメント

こんなきれいな真っ白なお花咲かせる木から,黒い反物ができるのね。何か不思議。
名前の付け方も,面白いね。写真見るまでどんな梅かと思ってましたわ。
何か木自体は,夾竹桃っぽい感じね。
葉っぱとか木の高さとか全然違うんだけど,何となく。
「梅」って感じじゃあないねー。
バラ科にもいろいろあるんだなあと学習。

あ,海王丸くん,来ましたよ,うちの帆船まつり。
4月30日には,もうどっかに出航しちゃいましたがね。

ついでにさっき帆船まつりのHP見たけど,やっぱり帆船は,帆を張ってこそ美しいなあと実感しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/14896070

この記事へのトラックバック一覧です: 車輪梅:

« こいのぼり | トップページ | 巣立ちのひな »