最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 海の貴婦人 | トップページ | こいのぼり »

2007/04/26

白詰草

Imgp3177
PENTAX K10D+DA18-55mm

マメ科の多年草、英名クローバー。
和名のシロツメクサは「白い詰草」という意味です。

長崎の人ならおなじみの銘菓、長崎物語のCMでも紹介されていましたが、鎖国時代にオランダからガラス器を輸入する際に、緩衝材としてこの草が詰められていたことが名前の由来だとか。

初夏を思わせる青空に向かってまっすぐに伸びる白い花になんともいえないすがすがしさを感じました。

« 海の貴婦人 | トップページ | こいのぼり »

K10D」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

コメント

「シロツメクサ」と聞いたり見たりしたら,私はもう反射で
「シロツメクサの 花が咲いたら さあ 行こ~う ラスカ~ル♪」と歌ってしまいます。

シロツメクサをこんなにきれいに撮れるなんてさすがだわ。
何か,戦場で銃弾を避けながら撮るカメラマン,みたいな姿勢?
おなか邪魔にならなかった?(笑)
きむちゃんのメタボ,密かに心配してますのよ。

僕の場合最初はツメクサって爪草なのかと思ってました。
花びらの形が白い動物の爪みたいでしょ?

白詰草の思い出といえば・・・
普賢岳の噴火災害取材で、導流堤(火砕流や土石流の流れを導く目的で作られた巨大な堤防ね)を撮影に行ったら、四つ葉どころか5つ葉や6つ葉、果てはものすごくいびつな8つ葉なんてのが凄い頻度で見つかって、「いったいどんな危険な農薬を使ってんだ!」と気持ち悪い思いをしたことかなあ。

ほおお~、なるほど。それは知りませんでした。なかなか興味深いお話。いっつも『詰草』ってどういうことなのかと考えていました。

シロツメクサってノスタルジアをさそうわぁ。小さい時、よくシロツメクサで花冠とか、首飾りをつくってました。懐かしい・・・。ロスでも時どきみるけど、私の幼少時代にうちの団地近辺に生えてたシロツメクサのように元気もなく、数も少なく、なんにも作れません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/14855547

この記事へのトラックバック一覧です: 白詰草:

« 海の貴婦人 | トップページ | こいのぼり »