最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 鶏飯 | トップページ | 高千穂峰冠雪(JA8554) »

2007/01/27

問題・蝶はどこでしょう?(ムラサキツバメ)

Imgp0631

さて問題です。
この写真の中にムラサキツバメという蝶々が隠れています。
いったいどこに隠れているでしょうか?

解答は

こちら。
オレンジ色の枠の中に10数匹がかたまっています。

Imgp0631w

アップで撮ってみました。

Img_2690

近くの枯れ葉と比べてみてもそっくりな色をしています。
これが蝶だと知らなければ見つけるのは相当難しいでしょうね。

さらにアップにしてみました。

Img_2713

つぶらな瞳(複眼ですが)がかわいいですね。
ムラサキツバメはシジミチョウの仲間です。
茶色い蝶なのになぜムラサキ?とお思いでしょう。
実はメスの羽の内側にはきれいな紫色の筋があるのです。

それからムラサキツバメは日本国内で数少ない集団越冬する蝶でもあります。
分布は諸説ありますが、西日本が中心です。
(最近ではかなり東の方でも目撃情報があるようですが)
幼虫の食草がマテバシイ(いわゆるどんぐり)の若葉なので、鹿児島県内の雑木林ならばどこにでもいると考えてよさそうです。
羽を開いた大きさが4センチほどの小さな蝶なのでなかなか見つけるのは難しいかもしれませんが、がんばって見つけてみてください。
けっこう感動します。

« 鶏飯 | トップページ | 高千穂峰冠雪(JA8554) »

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

コメント

そうそう、撮影場所を書くのを忘れていました。
実は城山公園です。
近代文学館から展望台へ登っていく遊歩道をちょっと登ったあたりです。
日当たりのあまり良くないところにいるみたいですね。
県立博物館の学芸員さんに聞いたら、遊歩道沿いに何ヶ所か、こういう越冬場所があるそうです。

私も見つけられなかったです。
奄美で撮影したものですかね?

見つけられなかったー。
ハナカマキリとかは見つけられるのに…。
きむちゃん,よくわかったよね!

4センチというと,シジミチョウぐらいか。
そういえば,最近あんまりチョウチョって見かけないなあと思いました(意識してないだけ?)。

しかし,どんどん拡大していくと
なかなかグロいなあ^^;

それにしても,なんで「ツバメ」なんでしょう?
ウィキペディアくんに聞いてみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/13672400

この記事へのトラックバック一覧です: 問題・蝶はどこでしょう?(ムラサキツバメ):

« 鶏飯 | トップページ | 高千穂峰冠雪(JA8554) »