最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 緋寒桜 | トップページ | 危険な食べ物w »

2007/01/15

リュウキュウアサギマダラ

Imgp0557
PENTAX K10D+SIGMA18-125

奄美大島を北限とする熱帯のチョウ、リュウキュウアサギマダラ。
暖かい時期は野山に分散して暮らしていますが、奄美大島では冬になると平地にある鬱蒼とした林に集まり、木から垂れ下がる蔓などに集団でぶら下がって冬を越すことが知られています。

リュウキュウアサギマダラは成虫で越冬します。
集団越冬は気温がだいたい摂氏15度を下回ると観察できます。
蔓にとまって集団でじっとしてぶら下がる姿は冬眠しているように見えますが、越冬=冬眠ではありません。

Imgp0559

彼らは無駄なエネルギーを使わないように、風が当たらない林の中でじっとしているだけで、気温が上がったり日光が当たって体が温まると花の蜜を求めてあたりをひらひらと飛びはじめるのです。

« 緋寒桜 | トップページ | 危険な食べ物w »

K10D」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

偶然、家で「おはよう日本」を見ながら
パン食ってたら突然のキャスターリードで
びっくりしました。。。

スロー映像は民生ハイビジョンデジカメでの撮影ですか?
へぇー。驚きです。
違いが分からなかったです。。。

ちなみに使用機材は会社の物ですよね?
使える機材は有効に使っていきたいですね。

ハイビジョンデジカメも欲しくなります。


なかなか思ったような絵が撮れないことが多い、野生生物系の撮影にしては、今回はうまく撮れたほうでした。
非常にラッキーだったと言えるでしょう。

なんと言っても今回一番の収穫は、ソニーの民生ハイビジョン機についている「なめらかスロー」が「意外にもかなり使える」ことがわかったことかもしれません。
あのスロー映像は実は民生機で撮影したものなのです。
驚いた?

けさの「おはよう日本」見ました。

ひらひらと優雅に森の中を飛ぶ姿と
集団でじっと越冬する姿。

貴重なものを見せて頂きました。

お疲れ様でした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/13497852

この記事へのトラックバック一覧です: リュウキュウアサギマダラ:

« 緋寒桜 | トップページ | 危険な食べ物w »