最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 木原展望所 | トップページ | チョウ(ウオジラミ) »

2006/08/03

SO902iWP+で水中撮影

Img_3150

FOMA初めての防水携帯SO902iWP+、IPX7準拠の防水性能で水深1メートルの真水中に30分間放置しても本体内部には浸水しないようになっています。

説明書には「水中でFOMA端末を使用しないでください」とだけ書いてあり、水中撮影できるかについては可とも不可とも書いてありません。(使用するな、ということは水中撮影するなってことですけどね)
いろんなインプレ記事でも水中での撮影についてはなにも書いていないようなのでチャレンジ!

まずはボディチェック。

Img_3151

水に浸ける前にしっかりチェックしないと悲しい目に遭ってしまいます。
チェックポイントは端子カバー部分。
水に浸けるときだけでなく、流水で洗ったり雨の中で使ったりする時にも注意。
実際、僕の知人が雨の中で使っていて浸水。おシャカにしてしまいました。
ふだんからカバーがしっかり閉まっているか確認するようにしましょう。
特に注意すべきなのは頻繁に開け閉めする充電&メモリスティック端子カバーです。

Img_3152

これはしっかり閉まっている状態。
一方、次は閉めているようで閉まっていない状態です。

Img_3153

違いがわかりますか?
下の方はフタの内側に細いゴムパッキンが見えていますね。
この状態では中に水が入ってしまいます。

SO902iWP+は、この細いパッキンゴムだけで浸水を防いでいるので、このゴムの部分に髪の毛一本挟まっていてもそこから浸水する可能性があります。
他にイヤホン端子カバーもあり、そこも注意しましょう。

さて、チェックがすんだところで水に入れてみます。
場所は某清流。
水面から10センチぐらい水中にいれて、シャッターボタンをパチリ。

そして撮れたのが以下の写真です。

Dsc00443

Dsc00444

Dsc00445

魚が写ってるのがわかりますか?
ファインダー(液晶画面)を覗く事ができないので、完全にあてずっぽうでの撮影ですが、なんとなく川の雰囲気はわかりますよね?

一応水中撮影も可能だということがわかりました。
水槽の中の金魚などをマクロモードで撮ってみたら面白いかもしれません。

しかし、実験する時にはあくまで自己責任でお願いします。
水没しても当方はまったく責任を負えません、あしからず。

« 木原展望所 | トップページ | チョウ(ウオジラミ) »

カメラインプレ」カテゴリの記事

「携帯電話写真」カテゴリの記事

コメント

2枚目の写真、手前のすぐ近くに魚が2匹いるみたいなんですけど、ピントがきてないのが残念です。
撮っている時、まさかこんな近くに魚がいるなんて思いもしませんでした。上から見てると全然わからないんですよね。
そこが難点と言えば難点です。

うわぁ、2枚目の写真、水泡までわかるのが素晴らしい!
携帯もついにここまで、、、って感じですね~。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/11233305

この記事へのトラックバック一覧です: SO902iWP+で水中撮影:

» FOMA SO902iWP+ レビュー - 基本機能編 [携帯電話情報館]
なんだかんだ言いながらSO902iWP+も手に入れちゃいました。 コレ、防水を謳... [続きを読む]

» FOMA SO902iWP+|防水携帯FOMA SO902iWP+が登場 [ソフトバンク携帯総合情報サイト|SOFTBANK携帯やYahoo!ケータイ情報を紹介します。]
NTTドコモのFOMA携帯電話で、防水携帯FOMA SO902iWP+(ソニーエリクソン製)が登場。このFOMA SO902iWP+の最大の特徴は、この端末のすぐれた防水機能で、防水性能は、「IPX7(JIS保護等級7)」なのだそう。... [続きを読む]

« 木原展望所 | トップページ | チョウ(ウオジラミ) »