最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 八丁蜻蛉 | トップページ | 木原展望所 »

2006/07/16

金見崎(徳之島)

Imgp1853

ずいぶん久しぶりに徳之島に行ってきました。
3年ぶり、いや4年ぶりかなあ。

写真はオカヤドカリの集団産卵で有名な金見崎(徳之島町)の風景です。

金見崎は毎年梅雨明けごろから8月にかけて、浜を埋め尽くすほどの数のオカヤドカリが集まり、一斉に産卵をする様子が見られることで有名なところです。
上の写真は浜を見下ろす高台にある展望所から撮影しました。

展望所の東側には真っ白な金見崎灯台があります。
展望所よりもやや低く、標高はおよそ50メートル。

Imgp1856

オカヤドカリの脚力はとても優れていて、こんなところにまで登ってきます。

Imgp1831

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、画面のほぼ中央にムラサキオカヤドカリと思われる個体が写っています。殻の長径3センチぐらいの小型個体。
灯台の脇にあるアダンの木の下に隠れているところを見つけて撮影しました。
こんなところにまで食料を求めて登ってくるんですね。
きっとこの山じゅうに潜んでいるんでしょう。

このように山の上でもオカヤドカリの姿が見られるほど大量のオカヤドカリが生息しているのは、ここの地勢的な条件が彼らの生息に適しているからです。

まず、オカヤドカリが好むアダンやハイビスカス、ソテツなどの樹木で構成される森が砂浜に隣接していること。
そして砂浜と森がコンクリートの護岸などで遮られていないので、行き来が自由にできること、です。

この”自由に行き来ができる”ということが非常に大切で、高波から集落を守るために設置されているコンクリート護岸で砂浜と森が隔てられているような場所では、オカヤドカリの数は非常に少なくなります。
たとえ開発をするにしてもオカヤドカリが暮らしやすい環境を保全することが”天然記念物”オカヤドカリを守る、もっとも有効な手段なのです。

« 八丁蜻蛉 | トップページ | 木原展望所 »

「エビ関連記事」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「istDs」カテゴリの記事

コメント

おおっ!
奄美の風景!

ワイド節が聴きたくなってきましたよ

海が綺麗ですね。夏模様!
オカヤドカリ、昨年奄美に行ったときに初めてみました。
海岸から少し離れたあだんが群生しているところに紫色の大きなヤドカリ。
びっくりしたのを思い出しました。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/10964216

この記事へのトラックバック一覧です: 金見崎(徳之島):

« 八丁蜻蛉 | トップページ | 木原展望所 »