最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« カリステモン | トップページ | JAMSTECの工作員 »

2006/05/24

萼紫陽花

Img_5582

日本の暖かい地方に自生するガクアジサイ。
シーボルトが妻お滝になぞらえてお滝さん花>おたくさと名付けたというのは長崎人なら誰でも知っているお話。
ふつう青紫や紅色の花をつけるのですが、これは真っ白。
撮影地は鹿児島市の石橋公園です。

ところで変換したら最初、額紫陽花と出ましたが萼と額どっちが正しいのかな?

« カリステモン | トップページ | JAMSTECの工作員 »

「EOS30D」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

コメント

ヘンタイ仮面・・・ホントにヘンタイだからネーム変えろとも言えねぇしなぁ・・・。
最初、また迷惑コメントかと思って消すところだったぜ。

さて、お滝さんはシーボルトと出会った頃「そのぎ」という源氏名で丸山の遊女でした。そのときお滝17才、シーボルト27才でした。
シーボルトは自著の「日本植物誌」の中で紫陽花の学名を「おたくさ」とつけていますが、それは愛した女性お滝さんの名にちなんでのことだというのが定説になっています。

ちなみに花神の中で村田蔵六と男女の関係になったのはシーボルトとお滝の間に生まれた子お稲ですね。
イネは日本で初めて西洋医学を学んだ女医とされています(産科医)

ガクアジサイとアジサイの違い。
ガクアジサイを改良して丸く花をつけるようにしたのがアジサイ。
日本原産のアジサイが西洋に持ち出され、さらに品種改良されて大きく派手に花をつけるようになったのがセイヨウアジサイ(ハイドランジア)です。

先日は写真、どうもありがとうございました。
普通のアジサイとは違うんですか?

お滝さんといえば、司馬遼太郎の「花神」では
村田蔵六、のちの大村益次郎と恋仲だったと
描かれているんですが、長崎的には本当なのでしょうか?

質問攻めになってしまい、すみません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/10217118

この記事へのトラックバック一覧です: 萼紫陽花:

« カリステモン | トップページ | JAMSTECの工作員 »