最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 5回目の爆発 | トップページ | 桜桃 »

2006/04/19

EOS30Dインプレその5

Img_4213
八重桜at都市農業センター

お待たせしました。インプレ5回目です。
ピクチャースタイルの比較、というのはよくあるので、ちょっとひねってRAWを各ピクチャースタイルで現像したものとカメラで設定してJPEG撮影したものとで比較してみましょう。

カメラはISO100で絞り優先モード(f8)ホワイトバランスは太陽光。
RAWはスタンダードモードで撮影後DPPを使い各スタイルで現像、シャープネスをJPEGに合わせるため各モードのデフォルト値に再設定する以外にパラメーターはいじらずサイズを縦横50パーセントにしてJPEG最高画質で保存しました。

JPEG撮影の方はサイズLarge、画質Fineで各スタイルに設定して撮影。
同じくDPPで開いた後、縦横50パーセントサイズで保存しました。

撮影条件が変わらないように晴天の正午ごろほぼ同じ構図で撮影しましたが、三脚を使ったわけではないので若干アングルの違いがでてしまいました。そのため厳密には同じ色が出ているとはいえません。
あくまで傾向としてこういうことが言えるのではないかという程度で見ていただければと思います。

【スタンダード】
RAW              JPEG
Img_4135std Img_4136std
さすがにスタンダードモードというだけはあって、両者ともほぼ同じように色が出ている。しかしよく見るとRAWの方が若干コントラスト、彩度とも高い。
カメラ内で画像を生成するJPEGモードでは、生成画像の破綻を抑えるためにコントラストや彩度を低めにするように設定されているのではないだろうか。
そのため若干くすんだような印象を受ける。

【モノクロ】
RAW              JPEG
Img_4135bw Img_4141
パッと見た感じではJPEGのモノクロ(以後Jモノ)の方がメリハリがある。シャープネスがかかっていることと元々コントラストが高めに設定されているためで、ヒストグラムを見るとJモノは露出オーバー気味(菜の花の黄色が飛んでしまっている)で、諧調に注目するとRAWをJPEG変換した方に軍配があがる。
ハイコントラストな絵作りならJモノ、しっとりと落ち着いた雰囲気を出すならRAWという使い分けができそうだ。

【風景】
RAW              JPEG
Img_4135scn_2 Img_4138scn
JPEGの方はスタンダードモードなどに比べて色が鮮やかに出ているが、RAWと比べると色がくすんでいる。
空の色・あずま屋の屋根などを見るとわかるように、RAW現像してJPEG変換したほうが彩度が高く、色の抜けもいい。
特に顕著なのが菜の花の部分。
RAWの方は黄色と緑色がしっかり分離していて、メリハリのある絵になっている。

【忠実設定】
RAW              JPEG
Img_4135fth_1 Img_4140fth
RAWもJPEGも見た目はほとんど変わらない。
若干黄色はJPEGの方が色が鮮やかだがピンクと青はRAWの方が鮮やかなようだ。

【ニュートラル】
RAW              JPEG
Img_4135ntr_1 Img_4139ntr
これもまたあまり変化なし。解像感で若干RAWが優れるがもともとシャープネスが弱いので(どうせシャープネスをあとでかけるのだから)解像感は問題にならないだろう。

 まとめ
忠実設定とニュートラル設定はJPEGで撮ってもRAWで撮ってもそれほどの違いはないようです。
おそらく元々の彩度が低いために色彩の違いがそれほど顕著にならないのだろうと思います。
一方、風景モードについてはかなりの違いが見受けられます。
スナップならともかく、風景を作品として撮影するならばやはりRAWで撮影することをおすすめします。
個人的にはJPEGのハンドリングの軽さが魅力なので、よほどの事でもなければJPEGで撮影します。
JPEGでも十分な高画質を持っているからです。
僕はJPEG派!

« 5回目の爆発 | トップページ | 桜桃 »

EOS30D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS30Dインプレその5:

« 5回目の爆発 | トップページ | 桜桃 »