最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« スノーフレーク | トップページ | EOS30Dインプレその2 »

2006/03/18

EOS30Dインプレその1

IMG_4029

本日発売のキヤノンの新型デジイチEOS30Dです。
手にした印象をEOS10Dと比べながらつらつらと書いてみます。
1回目はボディ全体の印象について。
ちなみに付けているレンズはシグマの30ミリf1.4です。

IMG_4017

大きさの比較のために携帯電話(FOMA N900i)を横に並べてみました。
30Dは10Dより幅で約6ミリ、高さで2ミリ小さくなっています。
ボディ表面は梨子地の塗装で10Dよりも上品なしっとりとした光沢があります。
重量は10Dよりも90グラム軽いのですが、ボディ剛性が高そうなことと10Dより一回り小さいことで塊感は逆に強く感じられます。
中級機はそれなりに重さがあったほうが手ぶれの軽減にもつながるし、あまり軽量化しないほうがいいと思っていたので、バッテリーなしで700グラムという重さ(軽さ)に収まったのは歓迎すべき点だと思います。
シグマ30ミリを付けたときのバランスはかなり良いです。

グリップ部は10Dよりも少し太く感じられます。
女性など手が小さい人はちょっと持て余すかもしれません。
しかし個人的にはちょうどいい大きさです。(僕の手は成人男性の普通サイズです)
グリップのラバーは10Dよりもぺったりとくっつく感じで指先で引っかけるような持ち方をしても落とす心配は低そうですね。

さて、2回目はシャッターを切った感触や液晶モニターについて書く予定です。

« スノーフレーク | トップページ | EOS30Dインプレその2 »

EOS30D」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS30Dインプレその1:

» CANON、デジタル一眼レフカメラ「EOS 30D」発表。 [MACIST マッキスト]
 キャノンが、デジタル一眼レフカメラ「EOS 30D」を3月中旬に発売すると発表 [続きを読む]

« スノーフレーク | トップページ | EOS30Dインプレその2 »