最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« さつま町(旧鶴田町)の朝 | トップページ | 秋空と真っ赤な観覧車 »

2005/10/30

紫尾温泉のあおし柿

IMG_0590

さつま町(旧鶴田町)紫尾温泉名物のあおし柿。
「あおす」とは「醂す(さわす)」の鹿児島弁で、渋を抜くという意味です。
ここでは渋柿を温泉に一晩つけるときれいに渋が抜けて、甘い柿に変わります。
お湯の温度や漬ける時間に工夫があり、今のところ温泉で渋を抜いているのは鹿児島県内でここだけだそうです。

毎日県内外からたくさんの人が渋を抜いてもらおうと渋柿を持参します。
多い日では総量が1トンにもなります。
持参した柿の渋抜き料金は10キロあたり300円です。
あおし柿づくりは11月末ごろまで行われ、温泉の横の売店でも販売しています。

どうして温泉に漬けると渋が抜けるかというと、お湯に浸けるなど空気を遮断した状態で酵素が活性化する温度に保つと柿の中でアセトアルデヒドが発生します。
これが渋みの元であるタンニンに作用して渋味を感じなくさせるのだそうです。

あおし柿はとても美味しいのですが、弱点が一つだけあります。
お湯に浸けてしまうので果肉が少し柔らかくなり、常温ではあまり日もちがしません。3日ほどで見た目がかなり悪くなります。
それを防ぐには冷蔵庫で保管すること。
そうすれば一週間はもちます。

« さつま町(旧鶴田町)の朝 | トップページ | 秋空と真っ赤な観覧車 »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「旅行・地域」カテゴリの記事

「EOS 10D」カテゴリの記事

コメント

あおし柿の不作のニュースは確か
「夏の豪雨災害の影響が今も色濃く残る」って
切り口でしたが。

>リーダーさん

へー、今年は秋口に雨が少なかったからでしょうか。
それとも柿にも裏年が?

今年は柿が不作で、
「あおし柿」もあまりできないそうですね。
(きのうのANNスーパーJチャンネル九州沖縄で見ました。)

楽しみにしていた人にとっては残念でしょうね。

これも季節を感じるものですね。
紫尾温泉も一度行ってみたいです。


ご無沙汰しています m(__)m

今日のお昼、紫尾温泉の「あおし柿」見ましたよ~♪
鹿児島に住んでいながら「あおし柿」のことは知りませんでした…。
これでまた1つ賢くなりました (^^)v

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/6738825

この記事へのトラックバック一覧です: 紫尾温泉のあおし柿:

« さつま町(旧鶴田町)の朝 | トップページ | 秋空と真っ赤な観覧車 »