最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« ハエトリグモ1 | トップページ | ミニトマトの花 »

2005/07/11

ハエトリグモ2

CRW_3117
CANON EOS 10D + TAMRON SP 90mm f/2.8 MACRO


こちらはまた別のハエトリグモ。
エビ水槽のガラス面にくっついて何か狙っているご様子。
水面に落ちておぼれるとかわいそうなので、写真を撮ったあとでやさしく追い払いました。
ハエトリグモってこうしてアップで見ると、有機的なのにメカニカルな雰囲気を持っていて、メカ好きにはたまらん形状ですね〜(^ ^)

7月12日追記
こちらにも日本ハエトリグモ研究センターの池田様より情報をいただきました。
アダンソンハエトリ雌の幼体だそうです。
ありがとうございます。
結局1と2は同じ種類のハエトリグモなのですが、素人目には見た目が全然違って見えます、ハエトリグモ道は奥深いなあ。

« ハエトリグモ1 | トップページ | ミニトマトの花 »

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「EOS 10D」カテゴリの記事

コメント

>文月さん
いらっしゃいませ。
小さな生き物を大きくしてみると、意外な発見がありますよね、
これからもマクロ道を突き進んでいきますので応援よろしくお願いします。

お初です♪

TOPにクモchanの写真。
一瞬ギョッとしてしまいました(笑)。
普段見かける姿はちっちゃいですから。
大きいクモは苦手ですが、
ハエトリグモは、かわいいヤツ♪って
思えるから不思議。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/4918604

この記事へのトラックバック一覧です: ハエトリグモ2:

« ハエトリグモ1 | トップページ | ミニトマトの花 »