最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« トキワツユクサ | トップページ | ヤブツバキ »

2005/06/02

ベニシジミとヒメジョオン

benisijimi-1
CANON IXY DIGITAL Lにて撮影、トリミング

鹿屋市で撮影。
使用カメラはIXY DIGITAL L。
すごく気のいい蝶で、3センチぐらいまでカメラを近づけても平然と蜜を吸い続けてくれました。
おかげで撮れたのがこの近接マクロ写真です。

ベニシジミは前翅長14ミリほどの小さな蝶で年に4回から6回発生します。
春に見られるタイプはこの写真のように明るいオレンジ色の鱗粉があり非常に目立ちます。対して夏型はオレンジの部分が黒くなる傾向があるそうです。
分布はヨーロッパから日本まで広い範囲に及んでいます。
川べりの草むらでもっとも普通に見られる蝶です。

ベニシジミがとまって蜜を吸っているのはヒメジョオンの花。
ヒメジョオンは北アメリカ原産のキク科の帰化植物で都市部を中心に全国に広がっています。
北アメリカでは結石の薬や利尿剤として利用されるそうで、春菊に似た味と香りで食用となります。

« トキワツユクサ | トップページ | ヤブツバキ »

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「IXY DIGITAL L」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/4374602

この記事へのトラックバック一覧です: ベニシジミとヒメジョオン:

« トキワツユクサ | トップページ | ヤブツバキ »