最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 紫蘭 | トップページ | ドルフィンポート竣工 »

2005/04/22

コブハクジラがストランディング

コブハクジラがストランディング
FOMA N900iにて撮影、送信

今日は鯨の座礁(ストランディング)の話題です。
薩摩半島の南西部に位置し、東シナ海に面した加世田市の吹上浜に体長4メートルあまりのクジラ2頭が打ち上げられていました。すでに死後数日経った状態でした。
現地で死体を確認した国立科学博物館の山田格  動物第一研究室室長によると、このうち1頭は雄のコブハクジラで、もう一頭はコブハクジラの可能性があるオウギハクジラ属の雌だということです。
体長から考えてどちらも比較的若い個体だと見られます。
また山田室長は、コブハクジラは暖かい海に棲む深海性のクジラで日本近海での北限は沖縄県周辺だと考えられているが、詳しい生態はわかっていないと話していました。
漂着した二頭の鯨には直接の死因と見られる目立った外傷はなく、また疾病などの可能性も低いそうです。
山田室長は、つがいだと考えられる二頭の鯨が同時に死ななければならない何らかの原因が東シナ海の海底で起きたのではないだろうかと話していました。
山田室長と調査チームはクジラを解剖して詳しい死因などを調べるということです。

コブハクジラの雄の特徴である下あごの歯の写真を見る

« 紫蘭 | トップページ | ドルフィンポート竣工 »

「動植物と季節の話」カテゴリの記事

「携帯電話写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/3810762

この記事へのトラックバック一覧です: コブハクジラがストランディング:

« 紫蘭 | トップページ | ドルフィンポート竣工 »