最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 謎の現象 | トップページ | カツ丼 »

2004/12/13

電気関係は

前回お知らせした*istDsの電池問題ですが、調べてみたら特にニッケル水素バッテリーに関してこうした不具合の報告が多いようです。
しかしまあ、おそらく最初のファームウエアアップデートで解消されるでしょうからそんなに気にしなくてもいいでしょう。なーんて楽観的に考えています。
(2005年2月追記:先月最初のファームウエアアップデートが行われましたが、長時間露出のグリーンかぶりに対するもので、電源関係は結局何もかわっていませんでしたね・・・。まあ使ってみた印象では電源管理の不具合ではなくてニッケル水素バッテリーの放電能力に起因するもののようです。素人考えですが連写や内蔵ストロボの連続発光を行うと、電池の給電能力を大幅に超えてしまうため、一時的に電圧が急降下してしまうようです。しばらく休ませると復活するので、こういうものだと納得するしかないようです。)
とりあえず、ストロボをほとんど使わない使い方で、充電以来今日までの一週間で500枚以上撮影できています。それでもまだ表示は満充電をさしており、意外に持ちがいいのだなと思っています。
しかし、問題はレンズなのです。

2005年2月に至るまで、キットレンズ(を使用し続けていますが、やっぱり描写にはどうしても不満が残ります。
値段が値段なのでしょうがないといえばしょうがないのですが、純正レンズには他にこの焦点距離で「使える」レンズのラインナップがないのが悩み。
早くタムロンの18−200が出ないかと首を長くする日々です。ちょっとでかくてテレ端は暗そうだけどね。

« 謎の現象 | トップページ | カツ丼 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電気関係は:

« 謎の現象 | トップページ | カツ丼 »