最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 鯨の骨を食べる | トップページ | エビチリ »

2004/08/06

水槽の温度を下げる方法

日本中、毎日暑い日が続いている昨今、エビ水槽の水温管理に悩まされている方も多いかと思います。
しかし、水槽用クーラーは一台何万円とします。
だからといって水温を下げるためだけに不在の時にも一日中部屋のクーラーをかけっぱなしにすると電気代が馬鹿になりません。
もっと安く、同じような効果があげられるものはないのでしょうか?

 あるんです。

その前に。
国産の淡水エビの場合デッドラインは約30度Cです。
少し南方系のヤマトヌマエビやトゲナシヌマエビはもう少し高温にも耐えられるようですが(だから熱帯魚水槽のコケ取りに使えるのです)、ミナミヌマエビだとこれを超えると一気に斃死します。
同じ系統のビーシュリンプ、河口域に生息するミゾレヌマエビも高温には弱く、28度Cくらいから調子が悪くなるようです。

なんとか水温を26度C前後に抑えたいところですね。

そこでおすすめしたいのがクリップ式扇風機です。
電機店で探すと1500円ぐらいで見つかります。

原理としては水の気化熱を利用して水温を下げていきます。
設置の方法はいたって簡単。
水槽の近くにクリップでとめて水面に風が当たるようにするだけです。
うちの場合は水槽の台にホームエレクターを利用しているため、設置は非常に楽でした。
この効果ですが、スタート時29.5度を指していた水温が約10時間後には27.5度まで2度も下がり、3日後には25度近くまで下がっていました(その時の室温28度)。
temp02b.JPG temp08b.JPG
     スタート時           10時間後


さて、最後にこの方法の問題点を
ひとつだけあげておきましょう。
それは水の蒸発です。
気化熱を利用しているため水の蒸発量がかなり多くなってしまいますので水の量には気を付けて下さい。
けっこうびっくりするぐらい水が減ってしまいます。

まだまだ暑い日々が続きそうです。
みなさんも一度クリップ式扇風機をお試し下さい。

« 鯨の骨を食べる | トップページ | エビチリ »

「エビ関連記事」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

「趣味」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ。きもpです。

実はですねー、、、僕ら、「浮遊性有孔虫の生態」とゆー、教育用DVDビデオを自費制作したのですよ。おそらく内容の充実度は世界唯一であろうと...(笑)思っています。このディスクは近日中に我が会社のホームページよりどなたでも注文可能になる.....予定なのですが、、、もうちょっとかかりそうです。(ちなみに一般小売り価格は1枚1760円に設定されています。)
視覚的・映像的にも面白いビデオに仕上がっていますので、あゆむさん、もしよろしければ、視聴していただきたいのですがいかがでしょうか?
一度放送業界の方に見てもらいたいと思っていました。
もしよろしければ、個人メールにて宛先お送りください。発送させていただきます。
とりあえず、お返事お待ちいたしております。
きもp

きもPさん、コメントありがとうございます。
レスが遅くなってすみません、14日から今日まで夏休みで、実家に帰ってたりオリンピックにはまってたり、ウイイレ8にうつつを抜かしていたりして・・・m(--)m

ええと、浮遊性有孔虫ですね、以前記事になりましたよね?それを拝見した記憶があります。それからきもPさんの職場サイトを拝見したときに、こんな研究をしていますというのを見ました。
それまでは浮遊性有孔虫のことは全然知りませんでした。
このコメントを書くにあたって検索かけていろいろ調べてみましたが、はずかしながらよくわかりません。
有孔虫が海水中の炭素循環に寄与しているらしいということと化石の年代測定で気候変動の様子がわかるらしいということを読み取りましたが、それで合ってます?
でも結局よくわからないんですけどね(笑;)

こんばんわ。きもp@青森県むつ市です。
こちらに書き込むのははじめてとなります。
さて先日はメールをありがとうございました。
こちらの研究所の一般公開も無事終わり、忙しさから少し解放されてほっとしているところです。
キタホウネンエビのポスター展示もなかなか好評でした(これ、お話ししていなかったかもしれませんが、全国で3件目の生息地を発見して、今年の5月に地元の毎日新聞に載ったんです)
水槽の温度、、、今年は尋常でなく暑かったですね。(ビールは格別に旨いのですが)
青森も同じで、うちの黒ビーたちがほぼ壊滅です。水槽内には数匹残っているのみとなってしまいました。
昼間、留守中の高水温が原因です。毎日30℃を超えていました。エアレーションを始めたのも効果無く、毎日数匹ずつ落ちていきました。残念でなりません。これを教訓に、こちらに紹介されていたファン法もぜひ試してみることにいたします。
今後ともよろしくご指導ください。それではまた。。。
p.s.木村さん、唐突なんですが、海に生息しているプランクトン、浮遊性有孔虫ってご存知ですか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/1135265

この記事へのトラックバック一覧です: 水槽の温度を下げる方法:

« 鯨の骨を食べる | トップページ | エビチリ »