最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« ミナミヌマエビ | トップページ | Baliのえびせん »

2004/05/05

モスの海老カツバーガー

最初は2000年春の期間限定商品として販売され、その後期間延
海老カツとなっていますが、厳密に言うと蝦カツでしょうね。
でもそれだと美味しくなさそう・・・。字面ってのは大事ですね。
mos02a.JPG


さて、この海老カツバーガー、モスバーガーホームページに標準的なデータが載っていますが、実測してみました。(2001年当時のレシピなので、現在とはバンズが違っていますのでその点ご了承ください。)







諸元表
 価格   320円(税別・当時)mos04a.JPG
 重さ   165グラム
(うち海老カツの重さ80グラム)
 直径   8センチメートル
 高さ   5.7センチメートル

インプレッション
 見た目の第一印象は割と地味だなということ。色彩的にはバンズ(パン)とカツが茶色系統、そして千切りキャベツが明るい緑色というおおまかに見て2系統の色しかない。これは海老バーガーという性格上、トマトなどの色みの鮮やかな野菜を挟み込むことができないためで無理ないことではあるが、全体的に華やかさが足りない。しかしさすがに広告用写真ではその点をエビの赤で見事に補っている。さすがである。
 食感はなかなかよい。モスのバンズらしく皮はやや堅めで、サクサクとした海老カツ、シャキッとした千切りキャベツとのマッチングが素晴らしい。
mos03a.JPG


 総重量の5割近くを占める海老カツは小振りな海老がぎっしりと詰まり、なおかつ歯触りは軽くサックリと仕上げられている。エビ自体の味も悪くない。
 ただお子様向けなのかどうかわからないが、これらの素材に合わせるタルタルソースが若干甘い。
 またエビカツの表面を見るとマスタードが塗られていることがわかるが、食べてもほとんどマスタードを感じない。それぞれ好みはあるだろうが、メーカーサイドとしてこのあたりは一考を要する部分ではないだろうか。

 全体的な評価としては、100点満点の82点。
 このところモスに行くたびに注文しているので個人的にはかなりお気に入りの部類に入る。

海老カツ系のバーガーは各社ラインナップされていますが、カツの中にエビがぎっしり入っている点でモスが頭ひとつ抜けている感じ。
惜しむらくは上にも書いていますがタルタルの味をもう少し大人向けにしていただきたいということです。

« ミナミヌマエビ | トップページ | Baliのえびせん »

「エビ関連記事」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/543833

この記事へのトラックバック一覧です: モスの海老カツバーガー:

« ミナミヌマエビ | トップページ | Baliのえびせん »