最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« 決意表明 | トップページ | ミナミヌマエビ »

2004/05/04

エビという生き物

エビ :節足動物甲殻類に属する長尾類の総称。多くは全海域の浅海から深海に広く分布するがヌマエビ、テナガエビ、ザリガニの類だけは淡水域にもすみ、あわせて約2400種にも及ぶといわれている。
エビ類は古生代のデボン紀(約3億〜4億年前)に出現し、恐竜が栄えた中生代白亜紀には現在まで生きのこっているエビ類のほとんどが発生したことが化石によって知られています。 エビはクルマエビなどの遊泳亜目(蝦・Shrimp)とイセエビやザリガニなどの歩行亜目(海老・Lobster,Crawfish)とに分類されてきましたが、1980年に鰓の形態などによって見直され、クルマエビ類チヒロエビ類などの根鰓亜目(こんさいあもく)とコエビ類イセエビ類などの抱卵亜目(ほうらんあもく)とに分類しなおされました。(参考:淡水産のエビとカニ、鈴木廣志、佐藤正典) 水生の節足動物で甲殻類の仲間としては、カニ、ヤドカリなどがあり、意外なことに一見貝のように見えるフジツボも実はこの仲間です。いや〜、人は見かけで判断しちゃいけませんね。 エビの体はおおまかに見ると頭胸と腹の2部に別れていて、上から見ると左右対称になっています。 ebidraw.GIF

脚は5本で頭胸部から生えています。また体表はかたいキチン質の殻(外骨格)で覆われているため、成長するには何度も脱皮を繰り返します。脱ぎ捨てられた殻をよく見ると、細い腕の一本一本まできれいに脱ぎ捨てられていて、自然の造形の見事さには本当に感嘆します。
エビの泳ぎ方は一般的に体を折り曲げてピョンピョンと後ろ向きに進むと思われているようですが、これは驚いたときなど非常時の行動です。通常いい気分でいるときは腹の下についている腹肢を上手に動かして、前向きにススススス〜っと優雅に泳ぎます。このうごきに僕は一発でやられました。

このサイトでは抱卵亜目の淡水エビの中で主にスジエビ、ヌマエビ、テナガエビを取り上げています。

« 決意表明 | トップページ | ミナミヌマエビ »

「エビ関連記事」カテゴリの記事

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5588/534512

この記事へのトラックバック一覧です: エビという生き物:

« 決意表明 | トップページ | ミナミヌマエビ »