最近のトラックバック

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

オカヤドカリ

  • 01 オカヤドカリ
    2004年5月12日に撮影した沖永良部島、笠石海岸の風景とオカヤドカリの写真です。 沖永良部島は鹿児島県ですが、地理的な関係で気候的には沖縄北部に準じています。 2004年、沖縄北部は5月5日に梅雨入りしたので天候が心配でしたが、撮影当日は梅雨の中休みの快晴で絶好の撮影日和でした。 撮影データ カメラ:キヤノンEOS10D レンズ:キヤノンEF17-40mmf4L     タムロン90mmf2.8マクロ ISO:100

エビ写真館

  • 0315
    エビ人生メインコンテンツ 自宅水槽をメインに淡水エビたちの生態を紹介します。

日本の翼 YS−11

  • 7175
    2006年に完全退役となる国産旅客機YS−11Aー200型機です。 撮影機体は日本エアコミューターのJA8717です。 この日は鹿児島ー沖永良部間を飛びました。 日本エアコミューターによると、JA8717は1969年2月18日に製造され93年2月28日にJACが受領、愛称は「あそ」だそうです。 YS−11A主要スペックは以下の通りです。 全幅:32.0m 全長:26.3m 全高:9.0m 最大離陸重量:25.0t 巡航速度:444km/h 航続距離:1110km エンジン:ロールスロイス DART MK542−10J/K 座席:64席

« モスの海老カツバーガー | トップページ | すっごく見てみたい »

2004/05/06

Baliのえびせん

先日、バリ島に新婚旅行に行った弟夫婦がこんなお土産を買ってきてくれました。
cracker10.jpg

さすが弟、ちゃんとわかってます(笑)
さて、パッケージをよくごらんください
cracker09b

バリ島で買ったインドネシア産のえびクラッカーですが、ラベルはちゃ〜んと日本語で書かれています。

バリの人たちにも日本人のエビ好きは浸透しているようですね(笑)

中身はこんな感じです。


cracker01.jpg

直径およそ3センチのチップス状で、エビらしいきれいなピンク色です。材料はエビのほかにタピオカ、卵、ミルク、塩、アミノ酸等となっています。タピオカを加えているところがいかにも東南アジア産という感じです。タピオカはプリプリ感を出すために使われているんでしょうかね。

さて、クロッポウダンというこのえびせん、このままでも食べられないことはありませんが、いくらなんでも固すぎます。


調理方法を見ると、油で揚げるように書かれていたので早速揚げてみました。

cracker02.jpg

直径約5センチになりました。
何と直径で1.7倍、ということは単純に計算すると体積では約5倍にも膨れ上がったことになります。

箱の調理方法を見ても原料の4〜5倍になります、ということなのでこのあたりは看板どおりというところ。

では、実際に揚げたところを紹介しましょう。


Cooking

今回、揚げるものが小さかったので、直径約20センチの小さなフライパンで揚げてみました。

このフライパン、小さいものの鋳物でかなりの肉厚なので、油が少なくても温度が下がりにくくこういう揚物にはぴったりです。

cracker07a.jpg

油は健康のために、脂肪になりにくいキャノーラ油を使いました(笑)

予想外の事でしたが、ごま油などよりも癖がないぶん、えびせんの味を素直に引きだしてくれたようです。

さて、まず油の温度ですが、からっ、サクサクッと揚げるために少し高目の170〜180度で揚げました。一般的にえびフライを揚げる温度でしょうか。

チップをフライパンに落とすと、いったん下まで沈みます。

cracker06a.jpg

5秒ほどすると「ぶわっ」とふくらんで浮かんできます。

cracker05a.jpg

でもあわてないあわてない。

このときはまだ真ん中に「芯」が残っているので全体がきつね色になるまでそのまま揚げ続けます。
浮かんでから15秒ほどすると表面全体がきれいなきつね色に色づきます。

こうなると出来上がり。

油から引き上げて十分油を切りましょう。えびせんの出来上がりです。

cracker04a.jpg


Impression


では、食しての感想を。

特に塩がしてあるわけでもないし、ソースをかけたわけでもない、ただ油で揚げただけなので、薄味なのかと思ったら元々の味がしっかりしていました。

これがまた東南アジア産だからと期待した酸味はなく日本人好みの少々甘めの醤油(!)味でした。とことん日本をターゲットにしてますインドネシア。

えびせんはサクサクとした食感で非常に軽く、いくつでもいけます。まさにやめられないとまらない状態。

かみしめるとエビの旨み、甘味が口一杯に広がり幸せ気分満杯。

特に、油をプレーンなキャノーラ油にしたことが成功でした。

これがオリーブやゴマだったら香りが気になって味に影響したのではないかと思います。



皆さんももしバリ島に(インドネシアに)旅行に行かれることがあったらOke社のシュリンプクラッカーをぜひお求めください。

このかわいいキャラクターが目印です(笑)
cracker08a.jpg

« モスの海老カツバーガー | トップページ | すっごく見てみたい »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

エビ関連記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Baliのえびせん:

« モスの海老カツバーガー | トップページ | すっごく見てみたい »